話し方 ボイトレ

「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」 その2、体感型にすること。

更新日:

スティーブジョブズに学ぶプレゼン
「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」
その2、体感型にすること。

こんにちは。

緊張体質・あがり症を味方につけて
“本番”に強い人になる!
【パワーボイスパフォーマンス】
あきゆみこです。

 

さて。引き続き、

世界一の経営者スティーブ・ジョブスに見習う

「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」
をお伝えします。

 

どんなに素晴らしい内容の資料を用意したとしても、

「伝え方」「話し方」が悪ければ相手の気持ちを惹きつけることはできません。

 

その3点とは・・

1、存在感(キャラクター)を出すこと。

2、体感型にすること。

3、表現力を高めること

 

ハンドサイン1.jpg

今回はその2「体感型にすること」

についてお伝えいたします。

 

スティーブ・ジョブズがしていることは

実はいわゆる「プレゼン」ではなく、ステージを共有すること。

商品の説明を通り一遍にすることではありません。

 

体感型にするのです。

具体的には・・・・

 

1時間半もの間、ジョブズはデモやビデオクリップを行ったり

ゲストを登場させる。

 

発表した製品に関わった社員を取り上げ、

感謝の気持ちを精一杯伝える。

 

製品を使用した顧客の体験談をプレゼンの資料として組みむ。

新製品のデモをいれる。

そのデモも、笑いを誘うエンターテイメント性のあふれたもの。

とにかく脳が飽きる隙を与えないのです。

 

スムーズにデモができないことがあっても、逆にそれをネタにしてみたり。

 

0db2bc6514ca95292a2e20540a6723bd_s.jpg

会場に驚きと笑いを与える感動的なステージであることはもちろん、

何よりもジョブズが楽しんでいる。

 

ジョブズにとってプレゼンは「感動を与えるステージ」

細かい説明は忘れてしまっても「心が動くもの」は忘れられない、

ということを熟知しているのです。

 

この意識でプレゼン、セミナーを行うことができたら

聴き手が飽きることはありませんよね。

 

プレゼンは「商品をわかりやすく説明するもの」ではなく

「聴き手に感動を与え、相手と一体化すること」なのです!

 

 

「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」

 2つ目、体感型にすること

 

次回は3つ目、表現力を高めること。

をお伝えしますね^^

 

惹きつけトークの秘訣は個別相談でお伝えしています。

無料メール講座にご登録の方のみお申込みいただけます。

↓↓↓↓

 

記事下メルマガ

☆無料電子書籍ダウンロード☆

\人前で話す機会の多い
経営者・起業家・講師必見/

「本番で最高のパフォーマンスを
 発揮する3つの大原則」

緊張体質・あがり症を味方につけて
ビジネスで成果を出す声・伝え方を手にしませんか?

期間限定ダウンロード!
好評につき期間延長!

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合 迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。

※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。

記事下個別相談

☆初回個別相談☆

【チャンスをつかむ!自己紹介PR術】

~90分でビジネスが加速する 声・表現・マインドのアプローチがわかる~

・あがり症・緊張体質で人前でうまく話せない。
・信頼感・説得力のある話し方を身に着けたい。
・人を惹きつける話し方ができるようになりたい。
・声にコンプレックスがある。

あなたが本番で最高のパフォーマンスを発揮し
「人気講師になれる」「契約率が上がる」「ビジネスで成果を出す」
方法をお伝えいたします。

-話し方 ボイトレ
-, , , , , , , , ,

Copyright© パワーボイスパフォーマンス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ツールバーへスキップ