喉声はダメ声。 声の出し方を知らないことで 大きなビジネスチャンスを逃すことも。

発声・声の出し方 ボイトレ

喉声はダメ声。
声の出し方を知らないことで
大きなビジネスチャンスを逃すことも。

こんにちは。

緊張体質・あがり症を味方につけて
“本番”に強い人になる!
【パワーボイスパフォーマンス】
あきゆみこです。

 

 

好印象を与える声。

商品が売れる声。

魅力的な声「売れ声」を

お伝えしています。

 

今日は

「好感がもてなかった人が

思いっきり喉声だったんです!」

 

をお伝えします。

 

「喉声」ってわかりますか?

 

 

喉が開く.jpg

正しい発声のフォームであれば、

通常喉の奥には空間ができます。

のどちんこ(口蓋垂)が見える状態。

 

 

声帯で作られた声は、喉の奥や

口腔などで響かせることによって

豊かな響きを生み出すことができます。

 

ところが。

喉の奥が閉まっている状態。

つまりは舌根が上がってしまい、

喉の中の空間が狭い状態では

声を喉の中や口腔で

十分に響かせることができず、

 

キンキンした耳障りな声になるのです。

 

「好感をもてなかった人が

思いっきり喉声だったんです!」

 

冒頭のこちらのセリフ、

先日パワーボイスパフォーマンス

養成講座の生徒さんが

おっしゃっていました。

 

お仕事でご一緒した方が

思いっきり喉声で話されていて

話を聞くのがしんどかったと。

 

生徒さんには

その理由がお分かりでした。

「喉」で頑張って出してる声だから

聞いている人が疲れてしまうこと。

聞いている人が

リラックスできない声であること。

 

 

人前で話す方はもちろん、

1対1で話す時にも。

 

頑張って話すほどに

それが「喉声」であれば

相手に不快感を知らず知らずのうちに

与えている可能性があります。

 

ビジネスにおいて

関わる方々に対して

好印象を与えることは大前提。

 

 

声の出し方を知らない。

というだけで

大きなビジネスチャンスを

逃すこともあるのです。

 

「この人の話は聞きたくないな」

「なんだか一緒にいると疲れる」

と五感が判断します。

・・・・これでは残念すぎますよね。

 

 

だからこそ。

望む未来を手にしていただくためにも、

あなたの魅力が伝わる「売れ声」

を知ることが必要なのです。
「売れ声」を手に入れると
ビジネスの成果が変わることはもちろん、
人間関係も良くなります。
ご自分の声が「喉声」でないかどうか。
是非気にしてみてくださいね!
魅力的な声「売れ声」の作り方は
こちらの無料メール講座でお伝えしています。
↓↓↓↓↓
タイトルとURLをコピーしました