経営者・起業家・講師必見!緊張体質・あがり症を味方につけて“本番で最高のパフォーマンスを発揮する方法”

パワーボイスパフォーマンス

未分類

赤ちゃん言葉、オノマトペで子供の言葉が育ちます

更新日:

ママが赤ちゃんにしゃべるとき、赤ちゃん言葉(ベビートーク)を使うことがよくありますよね

 

「ブーブー」「まんま」「わんわん」「にゃあにゃあ」

これらを擬声語、あるいは「オノマトペ」と言います。(オノマトペは赤ちゃん言葉の一つです)

そのまま、「車」「ごはん」「いぬ」「ねこ」と教えたほうが二度手間にならないのではないかと思うママもいらっしゃると思います。

実際どうなのでしょうか?

 

小さなお子さんは、声帯が未発達なので発声できない言葉が多く存在します。

赤ちゃん言葉は、ものが発する音を真似ているのではるかに言いやすいのです。

例)わんわん→わんわん、犬はほえますね^^

 

また赤ちゃんは、音の繰り返しが大好き。

リズミカルで楽しいから覚えやすいのです。

赤ちゃん言葉は、まさに赤ちゃんが自らしゃべろうという気持ちを引き出す大事な役割を担っていると考えられます。

 

 

子供が「話すこと」を楽しいと感じることこそが、親子の楽しいコミュニケーションにつながります

 

親子のコミュニケーションがとれることで子供も満足感を得ることができ、信頼関係も築くことができます。

言葉への興味を引き出し、「話す」ことを楽しいと感じさせるオノマトペ。

赤ちゃん言葉を使うことが子供の会話力を高めることに繋がります。

 

 

 

記事下メルマガ

☆無料電子書籍ダウンロード☆

\人前で話す機会の多い
経営者・起業家・講師必見/

「本番で最高のパフォーマンスを
 発揮する3つの大原則」

緊張体質・あがり症を味方につけて
あなたの声で「感動」を伝えていきませんか?

期間限定ダウンロード!
好評につき期間延長!

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合 迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。

※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。

記事下個別相談

☆初回個別相談☆

【チャンスをつかむ!自己紹介PR術】

~90分でビジネスが加速する 声・表現・マインドのアプローチがわかる~

・あがり症・緊張体質で人前でうまく話せない。
・信頼感・説得力のある話し方を身に着けたい。
・人を惹きつける話し方ができるようになりたい。
・声にコンプレックスがある。

あなたが本番で最高のパフォーマンスを発揮し
「選ばれる人になる」「応援される人になる」「お願いされる人になる」
方法をお伝えいたします。

-未分類
-, , , , , , ,

Copyright© パワーボイスパフォーマンス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ツールバーへスキップ