未分類

赤ちゃん言葉、オノマトペで子供の言葉が育ちます

赤ちゃん言葉の一つであるオノマトペ。 音の繰り返しが多く、リズミカルで楽しいから赤ちゃんも大好き。 子供が「話すこと」を楽しいと感じることこそが、親子の楽しいコミュニケーションにつながります。 赤ちゃん言葉を子育てにどんどん使うことが、子供の会話力を高めることに繋がります。
未分類

子供への母性愛は育てるもの 

母性愛の研究は古くからあるのですが、最近の研究では学んでいくものだといわれています。 赤ちゃんへの愛情は、お子さんとのふれあい方を学んでいくなかで育っていくものなのです。 「歌いかけ育児」なら言葉を十分に話せない小さなお子さんとでも楽しくコミュニケーションをとることができ、母性を育むことができます。
未分類

「マザリーズ」で赤ちゃんのコミュニケーション能力が発達する

ママは赤ちゃんに話しかける時、無意識のうちに「マザリーズ」を使っているのです 「マザリーズ」とは、乳幼児に向かって話すときの独特な話し方のことです。 普段より①声の調子が高い ②テンポがゆっくり ③声の抑揚が大きい ④言葉を何度も繰り返す、という特徴があります。 赤ちゃんの注意や興味を惹きつけることができるのです。 「マザリーズ」は子供の感情を豊かにしたり、言葉の発達や習得を促したり、親子の絆が深まったりとメリットが沢山あります。
未分類

子供を笑わせることが言葉の発達を促します

笑うことで脳のシナプスが増え、情緒が発達し、子供の言葉の発達を促します。 「子供を笑わせること」 ふれあい遊び、わらべ歌、手遊びにはお子さんが健やかに言葉を育むための刺激が盛り沢山なのです。
未分類

【はなまるコミュニケーション・個別セッション】「笑顔が連鎖していくことで、自分自身も楽しいし、 嬉しそうな息子を見て自信にもなりました」

先日、1歳2ヶ月の男の子のママ、埼玉県在住の村田沙織さんに 「はなまるコミュニケーション」個別セッションにお越しいただきました 最近お仕事に復職されたとのことで、子育てにお仕事に お忙しい合間を縫っ...
タイトルとURLをコピーしました