経営者・起業家・講師必見!緊張体質・あがり症を味方につけて“本番で最高のパフォーマンスを発揮する方法”

パワーボイスパフォーマンス

話し方 ボイトレ

スティーブ・ジョブスのプレゼンに学ぶ! 「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」とは?!

更新日:

スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼン。
惹きつけトークで飽きさせないスピーチをするための3つの大原則とは?!

 

こんにちは。

緊張体質・あがり症を味方につけて
“本番”に強い人になる!
【パワーボイスパフォーマンス】
あきゆみこです。

 

 

スピーチ3.jpg

今日は世界一の経営者スティーブ・ジョブスに見習う
「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」をお伝えします。

 

脳の認知機能の研究により明らかにされたこと。

スピーチ、セミナー、お教室など・・・

 

 

10分経つと聴衆は話を聞かなくなる。

 

分子生物学者のジョン・メディナは

「脳は一定のタイミングをかたくなに守る習性がある」

とも言っています。

 

つまりこの10分は変わることがないのです。

「聞くこと」って実はものすごい頭を使うのです。

これは退屈でもなく面白くもない、いわゆる普通の話を聞いたときのことだそう・・・

 

集中力が切れて、ほかのことを考え出す。

いつ終わるかを考え出す。

手元のペンを回しだす。

聴き手の反応はなんとも正直!

私にも聴き手として同じように感じた経験があります。

 

話し手の立場なら、せっかく伝えたい想いがあっても

終了時間を気にされてしまうのは悲しすぎますよね。

 

事実は事実として受け止めたうえで・・・

 

脳が飽きない「話し方」をするにはどうすればいいか?!

 

人前に立つということは、話し手がステージに立つことです。

トークの内容・構成がまとまっているとしたうえで

何が必要でしょうか?

 

スティーブ・ジョブスに見習う

「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」とは以下の3点になります。

 

1、存在感(キャラクター)を出すこと。

2、体感型にすること。

3、表現力を高めること

 

あなたの声や表情、しぐさ、身体全体から

聴き手は雰囲気、自信、迫力を感じるのです。

それこそが「伝える力」なのです。

 

次回は3つの「聴き手が飽きない惹きつけトーク3つの大原則」のうちの1つをお伝えします。

 

1、存在感をだす 

 

スティーブ・ジョブスから惹きつけトークのコツは、個別相談でお伝えしています。

無料メール講座にご登録の皆様は個別相談が無料になります!

 

記事下メルマガ

☆無料電子書籍ダウンロード☆

\人前で話す機会の多い
経営者・起業家・講師必見/

「本番で最高のパフォーマンスを
 発揮する3つの大原則」

緊張体質・あがり症を味方につけて
あなたの声で「感動」を伝えていきませんか?

期間限定ダウンロード!
好評につき期間延長!

※Gmail、Yahoo!、Hotmail 等のフリーメールの場合 迷惑メールボックスに入ってしまう場合がございますのでご確認ください。

※Ezwebのメールアドレスで文字化けする可能性がございますのでご注意ください。

記事下個別相談

☆初回個別相談☆

【チャンスをつかむ!自己紹介PR術】

~90分でビジネスが加速する 声・表現・マインドのアプローチがわかる~

・あがり症・緊張体質で人前でうまく話せない。
・信頼感・説得力のある話し方を身に着けたい。
・人を惹きつける話し方ができるようになりたい。
・声にコンプレックスがある。

あなたが本番で最高のパフォーマンスを発揮し
「選ばれる人になる」「応援される人になる」「お願いされる人になる」
方法をお伝えいたします。

-話し方 ボイトレ
-, , , , , , ,

Copyright© パワーボイスパフォーマンス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

ツールバーへスキップ