マザリーズ

親子のコミュニケーション

言葉を育てる「マザリーズ」 歌うように話すのがコツ

子供向けに話しかける時の、抑揚が大きく、高めのゆったりした喋り方の「マザリーズ」 「マザリーズ」はよく、歌に似ているともいわれています。 赤ちゃんは、歌を耳にすることで、「言葉」を覚えるシステムができています。 言葉を話せない赤ちゃんは、 ママの声をメロディーとしてとらえることが分かっています。 「言葉」を音楽の種類として認識しているのです。
未分類

「マザリーズ」で赤ちゃんのコミュニケーション能力が発達する

ママは赤ちゃんに話しかける時、無意識のうちに「マザリーズ」を使っているのです 「マザリーズ」とは、乳幼児に向かって話すときの独特な話し方のことです。 普段より①声の調子が高い ②テンポがゆっくり ③声の抑揚が大きい ④言葉を何度も繰り返す、という特徴があります。 赤ちゃんの注意や興味を惹きつけることができるのです。 「マザリーズ」は子供の感情を豊かにしたり、言葉の発達や習得を促したり、親子の絆が深まったりとメリットが沢山あります。
タイトルとURLをコピーしました