共感

セミナー講師 ボイトレ

人気セミナー講師がリピートされる理由は 共感と感動にあり!

人気講師がリピートされる理由は 共感と感動にあり!
親子のコミュニケーション

【子供のかんしゃくにはスキンシップ、共感力、歌いかけがカギ】

「うちの子、癇癪がひどくて・・どこかおかしいのかしら?」 自分の気持ちがうまく言葉で表現できなかったり。 思い通りにいかないと、手が付けられないほど泣き出すお子さん。 2歳~3歳くらいのお子さんに手を焼いているママも多いのではないでしょうか? そんな時はまず、怒らず、焦らず、お子さんを受け入れてあげてくださいね。 ところかまわず泣かれると、ママもイライラしてしまいますよね。 かつての我が家の子供もそうでした・・・ スーパーの中で泣き叫んだり。 ママもつらいですよね。
親子のコミュニケーション

子供の表現力は喜怒哀楽の感情を出すことから始まる!

笑う、泣く、喜ぶ、恥ずかしがる・・ 3歳までに子供は、 ひととおりの感情がわかるようになると言われています。 泣くことは子供にとっても大事な感情表現の一つです 泣くことで痛みが軽減されたり...
親子のコミュニケーション

遊び歌で育まれる共感力!赤ちゃんも気持ちがわかる

子供の共感力、会話力を高めるためには、 乳幼児期からの子供への関わり方が大事です。 ママがお子さんにわらべ歌などの遊び歌を「歌いかける」とき、 「一緒に楽しむ!」という気持ちが親子の間で生まれます。 この「同じ気持ち」を共有することこそが、共感力の原動力です。 こうした経験を積み重ねて、 赤ちゃんは「人の気持ちがわかる」ようになるのです。 赤ちゃんは「歌」を通して、会話力のもととなる共感力を育んでいます。
親子のコミュニケーション

子供の会話力が磨かれる共感のコツとは?

共感力を育てると、思いやりのある優しいお子さんに育ちます。 共感力とは「あなたの気持ちがわかります」と相手の気持ちを受け入れる能力のこと。 ①安心感、信頼感を与えること ②子供が感情をだすこと ③子供の感情を言葉にして代弁してあげること。 これらを通してお子さんの共感力が育まれ、 会話力、コミュニケーション能力を向上させます。
タイトルとURLをコピーしました