発語

親子のコミュニケーション

【はなまるコミュニケーション個別セッション・お客様の声】言葉が遅れたらどうしようと不安を感じてしまう・・「声を出して子供が笑うようになりました!」

先日、6ヶ月の女の子のママ、埼玉県在住の史江さんに 「はなまるコミュニケーション」個別セッションにお越しいただきました。 ママのお悩みは「日中は私と二人きりなので、つい言葉かけが少なくなってしまう。 言葉が遅れたらどうしようと不安に感じる。 実際同じくらいの月齢のお子さんより泣いたり、喃語を発することが少ない。」 というものでした。そんなママの不安を解決する 具体的な歌いかけのアドバイスも 個別セッションでさせていただいています。
親子のコミュニケーション

お子さんの成長はそれぞれ。喃語や発語が遅くても心配しすぎないでくださいね

今日は「はなまるコミュニケーション」個別セッションに、 明日で6か月になる女の子のママ 埼玉県在住の史江さんがお越しくださいました 連休中にも関わらずお越しいただき、 誠にありがとうございまし...
親子のコミュニケーション

子供の心と身体の成長が、言葉の理解と発語を促します

「言葉」を覚え、自分のものにして表現していくためには、周りの大人の働きかけはもちろん、 「心」と「身体」の成長が必要不可欠です。 話しかけるのが義務のようにかんじてしまう時は、 是非お子さんに歌いかけてあげてください。 親子の間に心の通ったコミュニケーションが生まれ、 歌から言葉も覚えていきます。 「会話」をすることだけが、親子のコミュニケーションではありません。
タイトルとURLをコピーしました