発達

親子のコミュニケーション

【乳幼児期に絶対に知ってほしい!歌いかけの効能とは?!】

今日は【手遊びの知られざる効能】について お話させていただきます。 小さな赤ちゃん~お年寄りの方、障害を抱えていらっしゃる方にも 効果がある「手遊び歌」 いったいどんな効能があるのでしょうか?
親子のコミュニケーション

2歳で言葉が遅い・・でも焦らないで。大事なことはコミュニケーションを楽しむこと!

2歳になると、子供の運動能力や心は目覚ましい発達を見せます。。 沢山の言葉がでたり、二語文が出て大人と会話できるお子さんも出てきます。 言葉の発達も著しい時期です。 その一方でお子さんの言葉がなかなか出てこないことを気にしてしまうママも いらっしゃることと思います。 喋り出す時期は本当にお子さんぞれぞぞれ。 大事なことは、「言葉」の成長だけにとらわれず、 お子さんに遊びのなかで「コミュニケーションが楽しい」と 心と身体で感じてもらうことです。
親子のコミュニケーション

子供の脳の発達には笑いがカギ!

笑いのある家庭の子供たちは心も身体もすくすく育ちます! 笑うことで脳の発達を促し、 子供の「言葉」「情緒」の発達や 表情の豊かさを促す効果があります。 親子で楽しむふれあい遊び、わらべ歌には 「笑い」を引き出す要素が盛りだくさん! いつでもどこでもできる「歌いかけ」 是非お家で取り入れてみてくださいね。
未分類

「マザリーズ」で赤ちゃんのコミュニケーション能力が発達する

ママは赤ちゃんに話しかける時、無意識のうちに「マザリーズ」を使っているのです 「マザリーズ」とは、乳幼児に向かって話すときの独特な話し方のことです。 普段より①声の調子が高い ②テンポがゆっくり ③声の抑揚が大きい ④言葉を何度も繰り返す、という特徴があります。 赤ちゃんの注意や興味を惹きつけることができるのです。 「マザリーズ」は子供の感情を豊かにしたり、言葉の発達や習得を促したり、親子の絆が深まったりとメリットが沢山あります。
未分類

子供を笑わせることが言葉の発達を促します

笑うことで脳のシナプスが増え、情緒が発達し、子供の言葉の発達を促します。 「子供を笑わせること」 ふれあい遊び、わらべ歌、手遊びにはお子さんが健やかに言葉を育むための刺激が盛り沢山なのです。
タイトルとURLをコピーしました