熱量がないと人に伝わらない。 人前で話す時の心得や 人を惹きつける話し方、 想いを伝える話し方がわかりました。 【90分個別相談お客様の声】

お客様のお喜びの声

熱量がないと人に伝わらない。
人前で話す時の心得や
人を惹きつける話し方、
想いを伝える話し方がわかりました。
【90分個別相談お客様の声】

 

こんにちは。

緊張体質・あがり症を味方につけて
“本番”に強い人になる!
【パワーボイスパフォーマンス】
あきゆみこです。

 

 

 

大野ハッサアヌさん.jpg

今日は都内からお越しの
セミナー講師O様のご感想を
ご紹介させていただきます。

 

これからセミナー講師として
多くの方の前で登壇し、
自信をもって想いを伝えられる人になりたいと
お越しくださいました。

 

ご感想ここから
・・・・・・・・・
◯相談前に悩んでいたこと
人前で緊張して、話が飛んでしまうことがある。
もっと堂々と話したい。

◯相談後に解決し始めたこと
人前で話す時の心得や
人を惹きつける話し方、
人に想いを伝える話し方がわかりました。
◯印象に残った話
人に伝えるときの熱量がないと
伝わらないということ。
人が多ければ多いほど、伝えるときに
より多くの熱量が必要になるということ。
声を出すことと潜在意識が
深く関わっている。
◯あきゆみこの印象
すごくパワフルな女性で
話しやすかったです。
◯どんな人におすすめですか?
声を使うお仕事の人。
人前に出るときに自信がない人。
心に自分では解決できない問題を
抱えている人。
・・・・・・・・
どうもありがとうございます。

人を惹きつける目立つルックスを
お持ちでいらっしゃる大野様。

 

マイク.jpg

声の力を身に着けたら最強です。

 

圧倒的な存在感で、

多くの方を惹きつけていかれるでしょう!

 

伝えるときの熱量とは・・

想い、情熱、愛をこめて伝えることです。

 

それによって聴き手は

あなたの本気の想いを感じるのです。

 

 

話し手の「本気の想い」「真実」を

感じるからこそ、聴き手は感動します。

 

それが、「想い」が伝わるということです。

 

当然1対1で話す時の熱量は

1対100の熱量と同じではありません。

何百人の方に想いをお届けしようと思ったら

それ相応の熱量が必要です。

 

 

 

熱量が感じられる、
パワーのある声の人に

人は惹きつけられます。

 

これはもう・・本能!

 

「この方の言うことなら
自分も信じよう!」

「この方の話を
もっと聞きたい!」

 

そう自然と思っていただけるのです。

 

 

人前で話すことに自信がないけれど、

人前で堂々と話したい。

信頼感・説得力のある話し方をしたい。

 

と思われる方は・・

是非私に会いにいらしてくださいね。

「変わりたい」という本物の気持ちがあれば

必ず変わります!

 

 

 

個別相談は無料メール講座にご登録の皆様は

優先的にご予約いただけます。

↓↓↓↓↓

 

 

タイトルとURLをコピーしました